• 075-778-5039

スクラッチ試験とは

スクラッチ試験とは

引っ掻き試験とも言います。サンプルに接触子を押し付けて引っかき、表面硬度を計る試験です。
サンプルの種類や解析したい要素によってさまざまな試験方法があります。

 

現在一般的な表面硬度のはかり方 鉛筆硬度試験

JIS規格で定められている、広く行われている試験です。
サンプルに鉛筆を一定条件で押し付け、引っかきます。芯がやわらかい順に引っかき、傷がつくか確認します。
スマートフォンの保護フィルムなどに表記されている「硬度9H」は「9Hの鉛筆でひっかいても傷がつかない固さ」という意味です。
引っかき方(鉛筆の押し付け具合、速度、距離など)はJISにて定義されていますが、最終的に人の手でひっかき動作を行うため、作業者による誤差が生じます。
※JIS番号 K5600-5-4

 

クロスカット

※作成中

 

一定荷重

※作成中

 

増加荷重

※作成中

 

傷の種類

・光沢傷
・白化傷
※作成中