• 075-778-5039

接触冷感試験とは

”接触冷感”とは

人が物に触れた時に「冷たい」と感じる感覚を接触冷感と呼びます。

 

接触冷感製品

繊維業界で高機能製品の開発が激化、接触冷感を取り入れた製品が数多く販売されています。
例)布団、シーツ、夏用下着、スポーツウェア、タオル…etc.

 

接触冷感製品の曖昧さ

現在国内で販売されている接触冷感製品は、「どれだけ冷たいのか」がはっきりしていません。
例えば、自動車は「燃費がいいです!」とアピールしたいとき、「燃費が○○㎞/ℓ」と”指標となる数値”を表記します。消費者はこの数値で製品を比較しています。

接触冷感の指標となる数値は「最大瞬間熱流束 qmax(キューマックス)」といいます。しかし、計測方法がメーカー・研究機関によって異なるため、製品の比較に用いることができません。
接触冷感製品の開発が盛んな中国では、GB規格(中国国家基準)にて「qmaxの計測方法」が規定されてます。
※規格番号 GB/T35263-2017
日本では、現在JIS規格の制定が進められています。

 

最大瞬間熱流束 qmax(キューマックス)

接触冷感は、人の感覚をセンサーに置き換えて計測します。

センサーの温度変化を取込み、以下のように計算してqmaxを算出します。